背中を綺麗にしたいならおすすめエステで素肌美人

背中 エステ

背中のかゆみは内臓が原因かも

 

 

突然ではありますが、背中にかゆみがある場合、何かしらの皮膚トラブルだと思ってしまう方も多いのですが、実は内臓が原因であるという可能性もあります。最初に聞いたらそんなことが有り得るのかと驚くかもしれませんが、実はそんなに珍しいことではなく、一般的にも知られていることだといいます。どういう内臓の状態で背中にかゆみが出てきてしまうのかについて説明します。

 

まずは肝臓病になりますが、内臓に何かしらの異変があれば皮膚上にかゆみが出てくるということがあり、これをデルマドロームといいます。さらに肝臓の機能低下によって快楽ホルモンであるベータエンドルフィンという物質が分泌されてかゆみが発生してしまいます。ただ肝臓病といっても具体的にどういった病気なのか気になると思いますが、例えば原発性胆汁性肝硬変、肝臓ガンなどが挙げられます。

 

次に腎臓病が挙げられますが、腎臓というのは体内の血液を濾過し、必要ない老廃物を体外排出するという役割がありますが、機能低下してしまうと全身に老廃物が蓄積してしまい、それによって皮膚に痒みが出てきてしまうということになります。病名については慢性腎不全、多発性嚢胞腎、慢性糸球体腎炎の可能性があります。また痒みが強い場合があり我慢が出来ないレベルのものもあるといいます。

 

それ以外にも白癬菌やリンパ性白血病、鉄欠乏性貧血によって背中のかゆみが出てくるということが考えられていますので、もし気になるのであれば病院で診てもらうといいでしょう。

 

大人の背中のあせもについて

 

背中を一度かくととまらないという経験をしたことがあるという方がいらっしゃるとは思いますが、それは背中にあせもが出来ている可能性があります。背中にあせもが出来るほど嫌なものはないと思いますし、あせもというのは広範囲での痒みが出てきてしまいますのでついつい掻きすぎてしまう傾向にあります。もし背中にあせもが出来てしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

まずあせもというのは痒みが症状になりますが、汗をかくとひどくなってしまいます。痒くなったら我慢出来ないくらいになってしまうことがありますし、さらに多少の痛みが出てきてしまうこともあります。ちなみに汗をかいた際に背中にチクっとした痛みがある上に痒みがあるという場合はほとんどあせもの症状であるということを認識しましょう。

 

ではどういった対処をする必要があるのかというと、背中に出来たあせもというのは自分でかかないようにするということが大事なことになります。もちろん掻けば気持ちいいので掻きすぎてしまいますが、それをしてしまうと傷ついて雑菌が入り込み酷くなってしまうことがあります。ですのでとにかく清潔に保つようにすることが重要であり、汗をかいたら必ずお風呂に入るようにしましょう。また洗う際に傷つけてしまわないように注意することも重要になりますし、また普段の生活の中でも、たとえば服の摩擦によって痒みが生じてしまうことがありますので、出来るだけ刺激の少ないものにすることをオススメします。

 

背中のかゆみを掻くと黒ずみになる?

 

冬の乾燥した季節になると背中が痒くなってしまうことになりますが、手が届きにくい場所になるので痒くなると辛いと思います。かゆみや傷であれば皮膚科にいって薬を処方してもらえれば治るのですが、問題は掻いてしまうとその跡に黒ずみになってしまうということです。かゆみもなくなり傷が消えたとしても、黒ずみが消えないと見た目も悪くなってしまいますので、予防や解消方法について知っておきましょう。

 

そもそもなぜ黒ずみが残ってしまうのかというと、背中を掻くことによってメラニンが生成されてしまって黒ずみが出てきてしまいます。メラニンが生成されるのは肌の防衛機能なので仕方がないのですが、見えないところに黒ずみが出来るというのはどうしても避けたいのではないでしょうか。

 

では黒ずみを消すためにやるべきことは何かというと、方法としては複数ありまずはピーリングがあります。これはエステサロンでも出来ますし、今ではピーリング剤なども販売されていますので自宅でも可能になります。次に野菜や果物をしっかりと摂取するというものもありますが、これでビタミンCやビタミンEが、黒ずみを消したりメラニン生成抑制する働きがありますので、サプリメントなどでももちろん問題ありません。また肌のターンオーバーを正常にしたり、スキンケア用品を美白用に変えるなどすることも重要になります。予防法としては背中のケア、紫外線予防、服の素材に注意するというものがありますので、そういったところに意識するようにしましょう。

 

背中の粉瘤の特徴とケア方法について

 

背中というのは皮脂腺が多いので、ニキビも出来やすく悩んでいるという方も多いと思います。さらにニキビだけではなく粉瘤も出来やすい場所であり、そんな背中の粉瘤の特徴とケア方法についてお伝えします。

 

まず粉瘤の特徴について説明しますが、呼び方は粉瘤意外にもアテロームだったり、表皮嚢腫ともいわれる両性腫瘍であり、老廃物が蓄積されてしこりが出来ることで発生します。しこりが小さければ痛みなどもありませんが、大きくなって細菌が入ったり炎症を引き起こしてから気づくということもあります。ちなみに炎症になれば、粉瘤は赤くはれて化膿してしまい痛みが出てきます。完全に取り除かないと再発してしまう可能性もあるということを覚えておきましょう。

 

粉瘤を完治させたいというのであれば、皮膚科などでの手術で完全に摘出するという方法しかありませんが、炎症が出れば手術はせずにまず炎症を抑制する必要があります。それには抗炎症剤や抗菌剤などを処方してもらって自宅で治療を続けてまず炎症を抑えることが重要になります。

 

ちなみに膿がたまって腫れがひどいというのであれば、医療機関でしっかりと処置をしてもらう必要があります。また炎症が治まって粉瘤が治ったように見せても袋が残っていれば再発してしまう恐れがありますので、炎症が収まった時点で切開摘出術をするようにしましょう。それによって完治しますので再発の心配はないでしょう。ケアは大事ですが、完治させるには手術が必要だということを覚えていてください。

 

肋間神経痛の症状や原因や治療について

 

背中の痛みを引き起こす可能性のある病気に肋間神経痛というものがありますが、どういったものか知っているという方は少ないでしょう。原因や症状、そして治療に関して説明します。

 

まずどういった症状が出てくるのかというところから説明しますが、深呼吸をした際の背中の痛み、胸に呼吸に合わせた発作的な激痛というものがあります。発作的に現れることもあれば、持続的に出てくる場合があり、症状が出ていない時はまったく何も症状はありません。

 

では原因について詳しく説明しますが、帯状疱疹、風邪、胸椎圧迫骨折、肋骨の病気、心臓疾患などがあります。症状が出たらすぐに医師に相談することをオススメしますが、治療法に関しては鎮痛剤による薬物治療が有効であり、痛みが激しい場合は麻酔注射を行うこともあります。他にも漢方薬や鍼治療なども有効とされていますので覚えておきましょう。

 

肋間神経痛の症状や原因や治療について説明しましたが、基本的に命にかかわるなど深刻な症状に陥る危険性は少ないのでそこまで心配はいりませんが、症状が狭心症や内臓痛などの痛みと告示しているので治療を続けていてもまったく改善されないというのであれば別の病気を疑うことも必要になります。

 

セカンドオピニオンの重要性が昨今では騒がれていますが、心配であれば診断してもらった病院とは違う病院で診てもらうというのも非常に大事なことになりますので覚えておきましょう。とにかく自分の身体は自分で守るようにすることが大切です。

 

体に適した方法でボディケアをしよう

 

さて、部位別にどのような洗い方で洗うようにした方がいいのかについてお話をしていきたいと思います。

 

・足の場合
足から匂いが発しているようなきがすると感じる人や、水虫などになってしまっているのではないかと不安になっている人もいるかもしれません。このような疑いがあるのであれば、足専用のタオルなどを使うようにすれば、他の部位に水虫がうつってしまうことを避けられるようになります。まずは足の裏を洗い、そこから指の間などを洗うようにすれば、角質などを取り除きやすくすることが出来るようになります。

 

・脇の場合
脇というのは皮脂腺が密集している部位になっていますし、無意識のうちに汗が出やすくなっています。さらに通気性も悪いですから雑菌が繁殖しやすいですし、汚れも貯まりやすくなっています。

 

肌も他の部位より薄くなってしまっていますから、力を込めて洗ってしまうと炎症が生じやすくなってしまいます。特に背中エステなどで脱毛などをした後というのは、敏感になっていますから、丁寧かつ優しく洗うようにしましょう。脇に痛みを感じるのであれば、何も使わずにお湯と手だけでサッと洗うようにするようにした方がいいでしょう。

 

・胸や腹部
お腹に脂肪がちょっとついていたり、胸が大きい人の場合、肉にひだができてしまい、この部分に汚れが蓄積されやすくなります。ですので、ひだができている箇所はしっかり洗うようにしましょう。胸が大きいのであれば、少しだけ胸を持ち上げるようにして、バストの下も丁寧に洗うようにしてください。

 

・背中の場合
背中というのは視認をすることができないですので、体の中で一番汚れが残りやすくなっていると言われています。ですので、他の部位よりも丁寧に洗うようにしましょう。横方向にボディタオルを動かすだけでは不十分です。斜めや縦にも洗うようにして、洗い残しがないようにしましょう。

 

大人ニキビの原因は肌の乾燥

 

大人ニキビの原因の多くは皮脂が多いことではなく肌の乾燥にあるそうです。大人になると、思春期のように皮脂が大量に出るということは少ないのですが、ストレスや生活習慣によるホルモンバランスの乱れや肌の乾燥が肌トラブルの原因となります。

 

肌が乾燥すると、角質層が硬くなり、毛穴が開きにくくなってしまって、皮脂が肌の表面に出ることができずに毛穴に詰まりやすくなります。するとそれをエサにするアクネ菌などのニキビ菌が毛穴の内部で増殖して炎症を引き起こし、ニキビができてしまうわけです。また、肌のバリア機能が低下している乾燥状態では、肌がダメージに弱いために色素沈着なども起こりやすくなりますので、ニキビ跡が長く残ってしまいやすいのです。

 

こういった大人ニキビへの対策は、肌の潤いをキープするために保湿対策が有効です。しっかり保湿ケアを行うことで、肌のターンオーバー周期を整え、肌のバリア機能を維持し、皮脂詰まりを防ぐことができます。

 

保湿のためには保湿成分がしっかり含まれている化粧品を選ぶことはもちろんですが、その浸透力にもこだわりましょう。表面ばかりを潤しても不十分で、乾燥はもっと奥で起こっていますから、奥に浸透するようなものを選びましょう。

 

合わせて、ニキビ跡に効くエステなどでストレスなどを取り除き、生活習慣を整えることも大切です。体の内側の不調から乾燥が起こりますから、心身の調子をいつも良好に保つことを意識しましょう。これだけでもニキビの発生率が大きく違ってくるはずです。

更新履歴